ブルーデイジーの腸活日記

長年の腸の不調を本気で治すための記録と日々のつぶやき

SIBO検査、やってみた

 

blue-daisy.hatenablog.jp

クリニックで渡されたSIBO検査のキット。

f:id:blue-daisy:20201225161748j:plain


自宅で行うにあたり、注意事項がいくつかあった。
その中で気になったのがこの2つ。

・SIBO検査日までの一週間は下剤や整腸剤を飲んではいけない
・SIBO検査から1ヵ月以内に大腸内視鏡検査やバリウム検査をしてはいけない

ずっとお腹の具合が悪かったので、整腸剤を飲み続けていたのだ。(だからクリニックに行ったんだもんね)
便秘が酷くなりつつあったので、下剤も飲んでいる。
これらを1週間飲めないのは不安だけど仕方がない。

そのうえ、翌週に大腸内視鏡検査の予約を入れていた。
内視鏡検査の前にSIBO検査を終えないと、予定が大幅に狂ってしまう!
全部を年内に片づけるために、頭をひねってなんとかスケジュールを決めた。

①検査前

検査24時間前から食事制限が始まる。
食べてよいものが説明書に書いてあるが、海外で作られているのであまり参考にならない。

焼いた鶏肉、魚、ターキー、白いパン、白米、卵、チキンスープ、ビーフスープ(どちらもすまし汁、野菜の混入不可)、水、ブラックコーヒー、ブラックティー。豆腐に塩コショウ味付け可。

説明してくださった看護師さんも首をかしげて

「和食ならいいんじゃないですかねー」

おいおい・・・笑
和食でも野菜はダメでしょ? と心の中で思いつつ、ご飯、卵、具なし味噌汁でしのぎました。

検査12時間前から水以外は絶食。薬、ガム、飴、うがい薬もだめ。

検査1時間前から終わるまで、睡眠不可。居眠りもダメらしい笑
そして歯磨き粉禁止!!
朝うっかり使いそうになるので、前日にいつもと違う場所にしまっておいた。

検査はスケジュール表に従って呼気を8回採取、3時間で終了する。

f:id:blue-daisy:20201225161629j:plain

 
②検査直前
歯磨き粉を使用せずに歯磨きをして、舌にもブラシをかけて水で口をすすいでおく。
呼気を採取するチューブ(試験管のような容器)に貼るラベルを準備する。
キットに入っている「ラクツロース溶液」を規定量の水に溶かしておく。

f:id:blue-daisy:20201225162136j:plain

 

③検査開始
片方の手でマウスピースを持って、反対の手にチューブ1本目を持つ。
マウスピース横にあるさし込み口にチューブの頭を少し入れておくとよいが、うっかり刺さないように・・
(チューブの蓋はあけず、そのまま)

f:id:blue-daisy:20201225161857j:plain


通常の呼吸で息を吸い込み5秒間息をとめてマウスピースに口をあてて吐き出す。(強く吐き出さない。)

マウスピースの先のビニールが膨らんだら、チューブをマウスピースのさし込み口に刺し込む。この間、息は吸わない。
差し込んだら2秒以内にチューブを外して、そのままキットに入っていたプチプチ袋に収納する。

すぐに準備してあったラクツロース溶液を5分以内で飲み干す。味はほんのり甘く、のみやすい。このあと1時間は水も飲んではダメ。

20分後、チューブ2本目に呼気を採取する。
(ラクツロース溶液は1回目だけ)

 

同様のやり方で20分毎に6本採った後は、30分おきに2本採り、計3時間で終了。

④検査後
チューブ8本は箱に入れて宅急便でクリニックに送る。
クリニックからアメリカの機関に送られて、結果が出るのは3週間後になる。
待ち遠しいな・・・(楽しみではないけれど)

f:id:blue-daisy:20201225162243j:plain

55,000円もかけているので、絶対失敗したくないが

呼気は目に見えないので、ちゃんと採れているのかわからないところが心配。
緊張しながらの3時間、疲れました。


次回は大腸内視鏡検査について書きます。